サムエ寺(読み)さむえじ(英語表記)bsam-yas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サムエ寺
さむえじ
bsam-yas

中国、チベット自治区の区府ラサ市の南東ヤルルン地方にある寺。正しくはペル・サムエ・ミンギュル・フンドゥプ・フクラカンという。インドのオーダンタプリ寺を模して775~779年に建立。このころのチベットは仏教興隆の気運に向かい、インド、中国から高僧が入国し、宗義上の論難も激しくなってきたが、チソンデツェン王は同寺にインド僧カマラシーラ、中国僧摩訶衍(まかえん)を招いて宗論を行わせ、以後のチベット仏教の流れを位置づけたことは有名。また同寺でチベットで初の出家者6人の授戒、仏典のチベット語訳が多く行われた。寺全体が仏教世界観を表し、3層の本堂は須弥山(しゅみせん)、四洲(ししゅう)八小洲・日月の御堂(みどう)を配置して建てられたが、現在もその跡をとどめている。[金岡秀友]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android