御堂(読み)ミドウ

  • ▽御堂
  • みどう ‥ダウ
  • みどう〔ダウ〕

大辞林 第三版の解説

仏教で、仏を安置した堂。また、寺をいう。
キリスト教、特にカトリック教会で、聖堂。普通「おみどう」という。
法成ほうじよう寺の別名。また、法成寺の設立者である藤原道長の異名。 -殿

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「み」は接頭語)
① 仏像を安置した堂を尊んでいう語。のちに寺院をいう。
※蜻蛉(974頃)中「さては夜になりぬ。みだうにてよろづ申、なきあかして」
② 浄土真宗で御影堂をいったが、後には、この宗の主要な寺院の称となった。
※実悟記(1580)「近年人々御堂にて請申事に被申候」
③ キリスト教、特に、カトリックで、教会堂のこと。聖堂。
[2]
[一] 大阪市中央区本町にある本願寺津村別院のこと。表御堂。北御堂。
[二] 「ほうじょうじ(法成寺)」の異。また、法成寺阿彌陀堂のこと。
※栄花(1028‐92頃)若水「殿の御前も昼ぞ御堂へはおはします」
[三] ((二)を建てたところから) 藤原道長の尊称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御堂の言及

【法成寺】より

藤原道長が造営した摂関家全盛期を象徴する大寺。〈御堂(みどう)〉と呼ばれ,道長の〈御堂関白〉という異称も生まれた。1019年(寛仁3)から造営開始。…

※「御堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御堂の関連情報