コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムナー線 Sumner line

法則の辞典の解説

サムナー線【Sumner line】

航法学で,位置圏の一部分を直線であると見なしたときに,これを「サムナー線」と呼ぶ.サンティレールの法則*も参照.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サムナー線【サムナーせん】

ある時刻にある天体が同一の高度に見える地点は地球上で一つの円周上に並ぶ。これを位置圏というが,天文航法において,船の絶対位置は不明でも,ある仰角に天体を観測すればその時刻に対応する位置圏上にあることになる。
→関連項目天文航法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のサムナー線の言及

【航海】より

…経度の測定でなぜ正確な時刻が必要かといえば,船の位置は,位置のわかっている天体の高度を観測して求めるが,この天体の位置はあらかじめ計算して天体暦(航海暦)に記載してあり,これがすべて世界時を基準としているので,正確な天体位置は正確な世界時を知ることが必要となるのである(一般に4秒の時間誤差は,経度1分の誤差を生む)。 このようにして,緯度と経度はそれぞれ求めることができるようになったが,位置の扱い方を飛躍的に向上させたのは,1837年のT.H.サムナーによる位置の線(サムナー線)の発見であった。位置の線は,測者(船)を含む特定曲線であるが,このサムナー線は,フランスの提督M.サン・ティレールにより実用化が示され,位置の線が航海の技術の中心の一つとなると同時に,近代航海の幕あけをもたらしたといえよう。…

※「サムナー線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サムナー線の関連キーワードサンティレールの法則サンティレール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android