コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムロンセン遺跡 サムロンセンいせきSomrong Sen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サムロンセン遺跡
サムロンセンいせき
Somrong Sen

カンボジア,トンレサップ湖の南西,ストゥンチニット川右岸に位置する貝塚。古くから多くの学者が調査しているが,1901,23年には H.マンシュイが調査した。縄蓆文や沈線幾何学文の土器,有肩石斧方角石斧が出土し,青銅器も存在する。新石器青銅器時代に属するとされるが,おそらく後者が主と思われる。骨銛,土錘など漁労活動を示す遺物も存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android