コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤミドロモドキ サヤミドロモドキMonoblepharis

1件 の用語解説(サヤミドロモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サヤミドロモドキ
Monoblepharis

藻菌類単毛菌目に属する水生菌の一つ。細くて直線状の菌糸から成り,多少分岐する。菌糸はやや褐色。無性生殖は菌糸の先端が長い遊走子嚢となり,数十個の遊走子が1列に並んで形成され,やがて頂孔から離れ,後端にある1鞭毛によって泳ぎ出す。有性生殖には生卵器とその近くの造精器とを生じる。精子もまた単毛で生卵器に泳ぎつき受精する。受精後接合子は生卵器の上部に出て,そこで特殊ないぼ状突起をもつ厚膜をかぶり休眠する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone