サヤミドロモドキ(英語表記)Monoblepharis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サヤミドロモドキ
Monoblepharis

藻菌類単毛菌目に属する水生菌の一つ。細くて直線状の菌糸から成り,多少分岐する。菌糸はやや褐色。無性生殖は菌糸の先端が長い遊走子嚢となり,数十個の遊走子が1列に並んで形成され,やがて頂孔から離れ,後端にある1鞭毛によって泳ぎ出す。有性生殖には生卵器とその近くの造精器とを生じる。精子もまた単毛で生卵器に泳ぎつき受精する。受精後接合子は生卵器の上部に出て,そこで特殊ないぼ状突起をもつ厚膜をかぶり休眠する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android