コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラグモ サラグモLinyphiidae; sheet-web weaver

2件 の用語解説(サラグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラグモ
サラグモ
Linyphiidae; sheet-web weaver

クモ綱クモ目サラグモ科に属する種類の総称。歩脚が長く,体は円筒状。体長1~5mmの小型種が多い。皿網やシート網を草間や低木,落葉の間や土壌中の間隙などに張る。北半球の北部で多様化した1群で,非常に種類が多く,日本産は 95属約 300種を数える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラグモ
さらぐも / 皿蜘蛛

節足動物門クモ形綱真正クモ目サラグモ科Linyphiidaeの総称。小形のものが多く、大きいもので体長5ミリメートル内外、小さいもので2ミリメートル内外。小形のものには雄の頭部が変化に富むものが多い。網が皿状、椀(わん)状、敷布状なのでサラグモといわれる。草の間でもっとも普通にみられる種にアシナガサラグモやシロブチサラグモ、木の梢(こずえ)にはツリサラグモやハンモックサラグモ、水田には小さいセスジアカムネグモなどがいる。種類がきわめて多く、各国で次々と新種が報告されている状態である。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサラグモの言及

【クモ(蜘蛛)】より

…しかし網を張らないナガイボグモ科,ササグモ科もこれに含まれる。日本にはヒメグモ科,ホラヒメグモ科,サラグモ科,センショウグモ科,ヨリメグモ科,コガネグモ科,カラカラグモ科,アシナガグモ科,ナガイボグモ科,ヒラタグモ科,ホウシグモ科,ウシオグモ科,ミズグモ科,タナグモ科,ハタケグモ科,キシダグモ科,コモリグモ科,ササグモ科など21科がいる。二爪類Dionychaは2個のつめをもつクモで,毛束のあるものが多い。…

※「サラグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラグモの関連情報