コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサフジツボ Balanus reticulatus

世界大百科事典 第2版の解説

サラサフジツボ【Balanus reticulatus】

船底に付着して,汚損させるフジツボ類の中でもっともその害の著しい種類として知られている,蔓脚(まんきやく)亜綱フジツボ科の甲殻類(イラスト)。本種は塩分濃度の高い海に多く,世界各地に広く分布している。殻の直径10~15mmくらい。殻の上縁は歯状を呈し,とがり,それらの殻板の頂は外側にそり返っていることがある。殻の表面は滑らかで,暗紫色の幅広い縦縞があり,これらに赤褐色横縞が交差している。船底以外に,低潮線以深にある石や貝殻の上などにも付着している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android