コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサフジツボ Balanus reticulatus

1件 の用語解説(サラサフジツボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サラサフジツボ【Balanus reticulatus】

船底に付着して,汚損させるフジツボ類の中でもっともその害の著しい種類として知られている,蔓脚(まんきやく)亜綱フジツボ科の甲殻類(イラスト)。本種は塩分濃度の高い海に多く,世界各地に広く分布している。殻の直径10~15mmくらい。殻の上縁は歯状を呈し,とがり,それらの殻板の頂は外側にそり返っていることがある。殻の表面は滑らかで,暗紫色の幅広い縦縞があり,これらに赤褐色の横縞が交差している。船底以外に,低潮線以深にある石や貝殻の上などにも付着している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サラサフジツボの関連キーワードシロボヤ海蕾定着物紫貽貝蛸壺剥ぎ取る肘壺富士壺レオポルドの法則内海富士夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone