コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサフジツボ Balanus reticulatus

世界大百科事典 第2版の解説

サラサフジツボ【Balanus reticulatus】

船底に付着して,汚損させるフジツボ類の中でもっともその害の著しい種類として知られている,蔓脚(まんきやく)亜綱フジツボ科の甲殻類(イラスト)。本種は塩分濃度の高い海に多く,世界各地に広く分布している。殻の直径10~15mmくらい。殻の上縁は歯状を呈し,とがり,それらの殻板の頂は外側にそり返っていることがある。殻の表面は滑らかで,暗紫色の幅広い縦縞があり,これらに赤褐色横縞が交差している。船底以外に,低潮線以深にある石や貝殻の上などにも付着している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android