サラセン文化(読み)サラセンぶんか

精選版 日本国語大辞典の解説

サラセン‐ぶんか ‥ブンクヮ【サラセン文化】

〘名〙 中世サラセン帝国で発展した、ギリシア・ローマ文化やイラン・インド文化を吸収した国際的な文化。担い手イスラム教徒、特にアラブ人。哲学、数学、天文学、化学、医学、地理学歴史学、建築など多方面に独自性を発揮し、西欧ルネサンスに大きな影響を与えた。イスラム文化。回教文化。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android