コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリウォン(沙里院)市 サリウォンSariwǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリウォン(沙里院)〔市〕
サリウォン
Sariwǒn

北朝鮮,ファンヘプク (黄海北) 道の道庁所在地。ピョンヤン (平壌) 準平原の南部にあり,西方をテドン (大同) 江の支流であるチェリョン (載寧) 江が北流する。ピョンブ (平釜) 鉄道の要駅,ファンヘチョンニョン (黄海青年) 鉄道の起点で,運河を経てテドン江河口のナンポ (南浦) 市への水運もある。チェリョン平野の米,ダイズ,ウシなどを集散する。紡織総合機械工場のほか,農業機械,繊維,製粉などの工場がある。人口 22万 1000 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サリウォン(沙里院)市の関連キーワードファンヘプク(黄海北)道ピョンヤン(平壌)準平原

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android