コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南浦 ナムポ

8件 の用語解説(南浦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナムポ【南浦】

朝鮮民主主義人民共和国の工業都市。特級市。大同江の北岸にあり、平壌の外港。金属工業が盛ん。旧称、鎮南浦。なんぽ。

なんぽ【南浦】[地名]

ナムポ(南浦)

なんぽ【南浦】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「南浦」姓の人物
南浦紹明(なんぽしょうみょう)
南浦文之(なんぽぶんし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南浦【なんぽ】

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮),平安南道東側の大同江右岸の港湾をもつ工業都市。直轄市で5区域1郡で構成。旧名は鎮南浦。1894年日清戦争に際し,日本軍の兵站(へいたん)基地となって以来発展,1915年築港工事で近代的港となる。
→関連項目岐陽平安南道平壌妙興寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんぽ【南浦 Namp‘o】

朝鮮民主主義人民共和国,平安南道南部の都市。大同江河口から26km上流にある河港を中心とする工業都市。もとは一寒村であったが,日清戦争のとき日本艦隊が停泊地として利用したことを契機に平壌市の外港にあたる貿易港として発展した。1897年開港地となり,1910年に平壌と南浦を結ぶ平南線が開通した。その後周辺から豊富に産する銅鉱やケイ砂を原料とする製錬,ガラス工業が勃興するようになった。日本植民地時代は鎮南浦と呼ばれたが,独立後1947年に南浦と改称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ナムポ【南浦】

朝鮮民主主義人民共和国の黄海に臨む港湾都市。1897年開港地となり、以後ピョンヤンの外港として発展。金属工業が発達。旧称、鎮南浦。なんぽ。

なんぽ【南浦】

ナムポ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南浦
なんぽ / ナムポ

北朝鮮西部にある港湾都市(直轄市)。大同江河口から1.5キロメートルの上流左岸に位置し、平壌(へいじょう/ピョンヤン)市の外港をなしている。1897年開港地と定められて以後、諸外国の領事館が置かれ通商港として発展してきた。1945年の解放後、北朝鮮最大の金属工業基地の一つとなった。南浦製錬所では西北朝鮮で産出される鉛、亜鉛、銅などの製錬圧延が行われている。このほか南浦板ガラス工場、製塩、機械工場がある。付近はリンゴの名産地である。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南浦の関連キーワード北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国平安南道徳川KCNA松岳脱北チョソンクル北韓南朝鮮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南浦の関連情報