コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルギル川 サルギルがわSalgir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルギル川
サルギルがわ
Salgir

ウクライナ南部,クリミア半島クルイム半島)を流れる川。全長 204km。流域面積 3750km2クリミア山脈北斜面に源を発するキジルコバ川とアンガラ川が合流してサルギル川となり,深い峡谷をつくって山地を流下したのち,半島の中部,東部の平地を北東流してアゾフ海に続く潟湖シバシ湖に注ぐ。下流部は夏季しばしば干上る。厳寒時のみ氷結。河水は灌漑に利用される。沿岸の主要都市はシンフェローポリ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android