氷結(読み)ひょうけつ

精選版 日本国語大辞典「氷結」の解説

ひょう‐けつ【氷結】

〘名〙
① 水が冷やされてになること。凍ること。凍りつくこと。
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉一「冬天にも亦海水氷結するの患なし」 〔新論‐文武
② 比喩的に、物事の状態が固定してしまって動かなくなること。〔布令字弁(1868‐72)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「氷結」の解説

ひょう‐けつ【氷結】

[名](スル)水が氷になること。凍りつくこと。「湖面が氷結する」
[類語]凍る凍りつく凍てつく凍結結氷冷凍こごるしばれる凍みる凍てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「氷結」の解説

【氷結】ひようけつ

こおる。〔新論、文武〕には必ず涼風(か)り、冰結には必ず室に處(を)る。

字通「氷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android