コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルジニア島 サルジニアとうSardinia

翻訳|Sardinia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルジニア島
サルジニアとう
Sardinia

イタリア語ではサルデーニャ Sardegna,サルジニアは英語。地中海西部にあり,シチリア島に次ぐ2番目に大きな島。付近の小島とともにイタリアの一州をなす。州都カリアリ。本土から約 220km,北端はボニファーチョ海峡をへだててコルシカ島 (フランス) と対する。全島が山がちで,最高点は東部ジェナルジェンツ山地のマルモラ山 (1834m) 。地中海性気候で,年降水量 775mm。フェニキア,カルタゴ,ローマ,バンダル,アラブ,ビザンチン帝国などに次々と支配され,1720年サルジニア王国の一部となり,1861年統一イタリア王国に加わった。イタリアの代表的な開発途上地域で,産業の中心は亜鉛,鉛,マンガン,鉄,アンチモンなどの鉱業。ヒツジ,ヤギが放牧され,ブドウ,オリーブ,アーモンド,コルクを特産。マグロ漁を中心に漁業も行われる。伝統的な社会,生活様式や技術が保持されており,住民は現在でもサルジニア語を話し,祭典には伝統衣装をまとう。しかし,都市部の生活と伝統的な生活との差がきわだってきている。面積2万 4089km2。人口 164万 5192 (1991推計。いずれも小島を含む) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サルジニア島の関連キーワードビットリオ・エマヌエレ1世ビットリオ・アメデオ2世カルロ・エマヌエレ4世カリクスツス1世コスタズメラルダチビタベッキアラウレンチウスカルロフォルテボニファーチョローシェンナポンチアヌスマッダレナ島バレアレス海サボイア家ヒラリウスチレニア海カプレラ島アンテルスムフロンサッサリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android