コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルベージ・デザイン salvage design

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルベージ・デザイン
salvage design

廃物利用のデザイン。現代の高度資本主義社会に現れるべくして現れたデザインの一志向。現代イギリスのデザイナー,T.ディクソン,A.ダブルウィルなど,コラージュ的な要素を持ったインテリアにその典型が見られる。純粋に廃物を利用したというよりも,機能美を越えた事物の過剰な装飾形態をより楽しむ傾向,たとえば,台所製品の一部がいすに取り付けられるなど,現代社会の余剰,浪費面を強調して見せるデザインといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android