コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルマナザー George Psalmanazar

世界大百科事典 第2版の解説

サルマナザー【George Psalmanazar】

1679ころ‐1763
フランス生れの文学的いかさま師。実名は不明。神学教育を受けた後,青年時代にオランダ,ドイツの軍隊に勤務し,そこで聞きかじった極東事情をもとに,台湾人と称してロンドンに登場(1703)。口から出まかせの偽造台湾語をあやつって,架空の台湾の風物動植物の博物学的記述を《台湾誌》(1704)にまとめて一躍注目を浴びた。さらに手のこんだ《日本人と台湾人との間の対話》(1707)も出版したが,やがていかさまが発覚して人気は落,晩年は宗教界に入って改心し,自伝《彼自身によるジョージ・サルマナザーの名で周知の男の回想録》(1764)を書いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android