コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルマナザー George Psalmanazar

世界大百科事典 第2版の解説

サルマナザー【George Psalmanazar】

1679ころ‐1763
フランス生れの文学的いかさま師。実名は不明。神学教育を受けた後,青年時代にオランダ,ドイツの軍隊に勤務し,そこで聞きかじった極東事情をもとに,台湾人と称してロンドンに登場(1703)。口から出まかせの偽造台湾語をあやつって,架空の台湾の風物動植物の博物学的記述を《台湾誌》(1704)にまとめて一躍注目を浴びた。さらに手のこんだ《日本人と台湾人との間の対話》(1707)も出版したが,やがていかさまが発覚して人気は落,晩年は宗教界に入って改心し,自伝《彼自身によるジョージ・サルマナザーの名で周知の男の回想録》(1764)を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サルマナザーの関連キーワード平賀源内アメリカ独立革命イギリス・フランス植民地戦争ワシントン(George Washington)一木権兵衛松意高政越後騒動雑喉場インディアナ