風物(読み)フウブツ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐ぶつ【風物】

眺めとして目に入るもの。風景。
その季節やその土地に特有のもの。「武蔵野の秋の風物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうぶつ【風物】

目にはいるながめ。風景、またそれを形作っている個々の景物。
ある土地や季節の特徴を表している事物。 「四季折々の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふう‐ぶつ【風物】

〘名〙
① ながめとして目にはいるもの。風景やその風景を形作っている景物。また、その土地やその季節特有の景色や産物。
※本朝文粋(1060頃)一一・泛大井河名言所懐和歌序〈大江匡衡〉「記風物以難一二和歌聊慰老思
※谿間にて(1959)〈北杜夫〉一「この人気のない谿間の風物は私の胸に沁みた」 〔陶潜‐遊斜川詩序〕
② ある土地の生活、行事に関係のある事物。
※珊瑚集(1913)〈永井荷風〉序「邦人又争ひて海外の風物を迎へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風物の関連情報