サロメ ズラビシュヴィリ(英語表記)Salomé Zurabishvili

現代外国人名録2016の解説

サロメ ズラビシュヴィリ
Salomé Zurabishvili

職業・肩書
政治家,外交官 元ジョージア外相,元駐ジョージア・フランス大使

国籍
ジョージア

生年月日
1951年

出生地
フランス・パリ

本名
Zurabishvilli-Kashia,Salomé

学歴
政治学院卒

経歴
フランスでグルジア(現・ジョージア)移民家系に生まれ、夫もグルジア出身。米国留学を経て、1977年フランス外務省に入省。ワシントンD.C.、国連代表部、ブリュッセルなどに勤務し、2003年駐グルジア大使に就任。2004年グルジア、フランスの二重国籍となり、サーカシビリ大統領に請われてグルジア外相に就任、主要国の外交官が任地で外相に転じるのは極めて稀な人事として話題となる。駐留ロシア軍撤退交渉をまとめたが、2005年解任。2006年グルジアの道を設立、党首に就任。2010年退任。英語、ロシア語に堪能。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android