コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事 ジンジ

デジタル大辞泉の解説

じん‐じ【人事】

人間社会の出来事。人世の事件。自然の事柄に対していう。「人事に煩わされる」
人間の力でできる事柄。人間が行う事柄。「人事を尽くす」
社会・機構・組織などの中で、個人の身分・地位・能力の決定などに関する事柄。「重役会に人事を一任する」「人事部」
俳句の季語の分類の一。天文・地理などに対し、人間に関する題材。

にん‐じ【人事】

人間に関すること。じんじ。
「諸方の雲水の―の産を受けず」〈正法眼蔵・行持下〉

ひと‐ごと【人事/他人事】

自分には関係のないこと。他人に関すること。よそごと。「境遇が似ていて、とても―とは思えない」
[補説]本来「他人事」と書いて「たにんごと」とは読まなかった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんじ【人事】

(自然の事柄に対して)人間に関する事柄。
人としてなしうる事柄。人としてすべき事柄。 → 人事を尽くして天命を待つ
(会社や組織内での)個人の地位・職務・能力などに関する事柄。 「 -考課」
「人事異動」の略。 「新しい-が発表になる」
人間社会における出来事。俳句の分類では、天文・地理・動植物以外の題材のこと。
人としての知覚や感覚。意識。 「麻睡剤を飲まされ、二日間全く-を弁ぜざりしが/花間鶯 鉄腸

にんじ【人事】

人間に関する事柄。じんじ。 「 -たえて見聞せず/正法眼蔵」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

人事の関連キーワードスキルズインベントリーヒューマンアセスメントトップマネージメント他人事[たにんごと]ロランド スムートJ.ダグラス ホフメリットシステムサービススタッフ複線型人事制度外務人事審議会コンピテンシー自己申告制度人事・他人事意を体する公平委員会意表を突く人事委員会経営協議会人事訴訟法鉈を振るう

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人事の関連情報