サンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団(読み)サンクトペテルブルグフィルハーモニーこうきょうがくだん(英語表記)Sankt‐Peterburgskii akademicheskii simfonicheskii orkestr Sankt‐Peterburgskoi filarmonii

世界大百科事典 第2版の解説

サンクトペテルブルグフィルハーモニーこうきょうがくだん【サンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団 Sankt‐Peterburgskii akademicheskii simfonicheskii orkestr Sankt‐Peterburgskoi filarmonii】

ロシアで最も古い歴史をもつ管弦楽団。その前身は1882年に設立された宮廷オーケストラで,革命後1921年に現在の組織となり,レニングラード・フィルハーモニー交響楽団と称したが,91年改称。革命後の初代指揮者はクーペルEmil’ Al’bertovich Kuper(1877‐1960)で,その後何度か指揮者を変えたが,38年よりE.A.ムラビンスキーが音楽監督および首席指揮者を務め,同楽団を世界有数のものに鍛え上げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android