サンゴハリタケ(珊瑚針茸)(読み)サンゴハリタケ(英語表記)Hericium laciniatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴハリタケ(珊瑚針茸)
サンゴハリタケ
Hericium laciniatum

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科。よく枝分れして針金たわしのような形のキノコで,全形はサンゴ状。大きなものに長さ 10~20cmのものが記録されている。色は白色,乾くと淡赤黄色ないしは黒錆色となる。ブナの枯幹につく。食べられる。北海道,本州に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android