コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサバン Saint-Savin

デジタル大辞泉の解説

サン‐サバン(Saint-Savin)

フランス中西部、ポアツー‐シャラント地方、ビエンヌ県の都市ポアチエ近郊の町。ガルタンプ川沿いにある。5世紀の殉教聖人サバンの名に由来する。ロマネスク期のキリスト教壁画の傑作で知られ、世界遺産に登録されたサンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会、ガルタンプ川に架かるゴシック様式の石造橋、国際壁画研究センターなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンサバンの関連キーワードサンサバンシュルガルタンプ教会サン・サバン修道院聖堂

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android