コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサバン サンサバン Saint-Savin

1件 の用語解説(サンサバンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サン‐サバン(Saint-Savin)

フランス中西部、ポアツー‐シャラント地方、ビエンヌ県の都市ポアチエ近郊の町。ガルタンプ川沿いにある。5世紀の殉教聖人サバンの名に由来する。ロマネスク期のキリスト教壁画の傑作で知られ、世界遺産に登録されたサンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会、ガルタンプ川に架かるゴシック様式の石造橋、国際壁画研究センターなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンサバンの関連キーワードフランドルポアソンポアレブルントラント委員会ポアチエギャラントサンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会サンジャン洗礼堂

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone