コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアデルナランコ教会 サンタマリアデルナランコキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐デル‐ナランコ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンタマリアデルナランコ教会】

Iglesia de Santa María del Naranco》スペイン北西部、アストゥリアス州の都市オビエドにある教会。市街北郊のナランコ山に位置する。9世紀にアストゥリアスラミロ1世により離宮として建造。10世紀初頭から11世紀半ばまで教会として使われた。ロマネスク以前のプレロマネスク様式という独自の建築様式で知られ、サンミゲル‐デ‐リーリョ教会サンタクリスティナ‐デ‐レナ教会とともに、1985年に「アストゥリアス王国の教会」として世界遺産文化遺産)に登録。1998年に「オビエドとアストゥリアス王国の建築物」の名称で他の建築物とともに拡張登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンタマリアデルナランコ教会の関連キーワードサンフランシスコ教会ラメルセー教会マイケルズサンイシドロ教会サンタクリスティナデレナ教会カーシム・アミーン参謀コルドバ大聖堂サンタマリアデグアダルーペ王立修道院サンタマリアデルマル教会

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone