サンタロサデコパン(英語表記)Santa Rosa de Copán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタロサデコパン
Santa Rosa de Copán

ホンジュラス西部内陸の都市。コパン県の県都。首都テグシガルパの西北西約 190km,メホコテ川支流アラスイギト川の河谷,標高約 1100mの高地にある。 18世紀に建設された町で,現在同国西部の主要な商業中心地となっている。周辺の豊かな農牧地帯に産するタバコ,トウモロコシ,コーヒー,米,サトウキビ,家畜の集散が行われるほか,葉巻,製糖,敷物などの工業が立地。近くにアンチモンの鉱山がある。交通の要地で,道路が四通する。人口2万 300 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android