コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチャゴのカテドラル サンチャゴのカテドラル

1件 の用語解説(サンチャゴのカテドラルの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンチャゴのカテドラル【サンチャゴのカテドラル】

スペイン北西部のサンチャゴデコンポステーラ(Santiago de Compostela)旧市街のスペイン広場にある大聖堂(カテドラル)。聖ヤコブスペイン語ではサンチャゴ)の遺骸があることから、12世紀にローマ教皇により巡礼地に定められ、ロマネスク様式の聖堂の建設が行われた。以来、ローマエルサレムと並ぶカトリックの有名な巡礼地となった。この巡礼地を訪れると「コンポステーラ」と呼ばれる証明書が授与された。これがサンチャゴデコンポステーラという地名の由来でもある。◇旧市街の建造物とともに、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンチャゴのカテドラルの関連キーワードサンティアゴデコンポステラエステーリャサントドミンゴデラカルサダスペイン村コンポステレオサンチアゴ・デ・コンポステラサンティアゴ-デ-コンポステーラ〈旧市街〉サンティアゴ-デ-コンポステーラの巡礼路

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone