コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンテティスム 〈フランス〉synthétisme

百科事典マイペディアの解説

サンテティスム

フランス語で〈総合主義〉の意。1880年代半ばごろポンタベンにいたゴーギャンベルナールセリュジエらによって試みられた絵画手法。印象派の筆触分割,点描に対して,平塗りの色面と輪郭線によって対象を単純化し,形と色の総合を目ざした。クロアゾニスムと同義にも用いられる。
→関連項目ポンタベン派

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

サンテティスム【synthétisme】

1888年頃ゴーガンを中心として起こされた反印象主義の絵画運動。明確な輪郭と平塗りの平面で形と色の総合を目指した。色面を線で区分することからクロアゾニスム(色彩区分主義)ともいわれる。総合主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のサンテティスムの言及

【ゴーギャン】より

…その色彩は,簡潔ではあるが重厚な形態に平坦に区分され,《ヤコブと天使の争い》(1888)にみられるような宗教的ともいえる精神性を生みだした。浮世絵版画,エピナル版画,ステンド・グラス等に影響されたこうした区分主義(クロアゾニスムcloisonnisme)により,〈主調色にのみ注目しつつ行われる,形と色彩の総合〉が可能となり,画面全体は暗示にとんだ,まさに総合的な装飾性を獲得する(総合主義またはサンテティスムsynthétisme)。こうして,88年から90年にかけて,〈ゴッホの耳切り事件〉に結末をみるアルルでのゴッホとの共同生活をはさみ,一連の象徴主義的な傑作,すなわち《黄色いキリスト》(1889),《処女喪失》(1890),《恋する女たちであれ》(木彫,1889)等が制作され,ゴーギャンは象徴主義絵画の第一人者と目される。…

※「サンテティスム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サンテティスムの関連キーワード説教のあとの幻影黄色のキリストガレン・カレラ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android