コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合 そうごうsynthesis

翻訳|synthesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合
そうごう
synthesis

哲学用語としては,人間の意識の最も重要な働きの一つであり,多くの認識内容を一つの全体的な認識へ統合することをいう。「分析」の対語であるが,しかし両者は相互補完の関係にある。プラトンの『ファイドロス』では,分割と総合という二つの言論の方法が語られ,それらを用いながら事象の本質としてのイデアに到達する言論の技術がディアレクティケー (問答の方法) といわれた。近世哲学史上,この言葉が哲学的に重要な概念として意味をもったのはカントが最初で,次にヘーゲルにおいてである。カントでは,判断の観点から,「先天的総合判断はいかにして可能であるか」が問われた。ヘーゲルでは,弁証法の観点から,相互に矛盾する定立と反定立とを止揚することが総合であるとされた。 (→総合判断 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐ごう〔‐ガフ〕【総合/×綜合】

[名](スル)
個々別々のものを一つに合わせてまとめること。「全員の意見を―する」「各種目の得点を―する」

㋐《synthesis》分析的思考によってとらえられたいくつかの部分・要素を結び合わせて統一的に構成すること。⇔分析
㋑《〈ドイツ〉Syntheseヘーゲル弁証法で、相互に矛盾する定立と反定立とを止揚すること。合(ごう)。ジンテーゼ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

総合の関連キーワードラルフ(Jr.) ファーマンファビアン ハンビューヘンケニー(Jr.) ロバーツフェリックス ゴットワルトヴァレンティーノ ロッシジャンカルロ フィジケラルーベンス バリチェロラルフ シューマッハーデービッド クルサード単一工程総合原価計算ヘンリッヒ ロマイケサムエル サンチェスコーリン エドワーズアンドレ ロッテラーロイック デュヴァル工程別総合原価計算アレックス バロスアンナ ベッソノワ山陰中央専門大学校マルコ メランドリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総合の関連情報