コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンテミリオン サンテミリオンSaint-Émilion

3件 の用語解説(サンテミリオンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンテミリオン(Saint-Émilion)

フランス南西部、アキテーヌ地方、ジロンド県の都市ボルドー近郊の町。ボルドーワインの名産地の一。町の名称は8世紀の修行僧エミリオンがこの地で隠遁生活を送ったことに由来する。中世以来ワイン醸造が盛んで、広大なブドウ畑も含め、周辺の7市町村とともに、1999年、「サンテミリオン地域」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サンテミリオン

フランス南西部のボルドー地方のワイン生産地。サンテミリオンを中心とする地域で,どこまでもブドウ畑が続くボルドーワインの生産地として知られる。サンテミリオンはボルドーワインのブランド名にもなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

サンテミリオン【Saint-Émilion(フランス)】


フランス南西部のボルドー地方サンテミリオン地区に産する赤ワイン。フランスを代表する赤ワインの一つとして知られる。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンテミリオンの関連情報