コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントウハクサイ(山東白菜) サントウハクサイBrassica rapa var. amplexicaulis form. dentata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サントウハクサイ(山東白菜)
サントウハクサイ
Brassica rapa var. amplexicaulis form. dentata

アブラナの一つの変種でいわゆる非結球性ハクサイの代表的品種。サントウサイとも呼ばれる。明治初期,中国山東省から輸入された。葉は結球せず立上がり黄緑色で,葉質は薄く軟らかで皺がある。品質はよく,漬物用そのほか広く食用に供される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サントウハクサイ(山東白菜)の関連キーワードハクサイ(白菜)アブラナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android