コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンブール国立保護区 サンブールこくりつほごく

1件 の用語解説(サンブール国立保護区の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンブールこくりつほごく【サンブール国立保護区】

ケニアのサンブールにある、エワソ・ンギロ河を挟んで広がる3つの国立保護区。サンブールとバッファロースプリングスは似通った環境・植生で、2つの行政区(郡)に分かれていなければ1つの保護区といえる。東隣のシャバ国立保護区も西端は似ているが、中部から東部は溶岩質に覆われて環境や植生も異なってくる。面積は100km2とそれほど広くないが、動物の種類や数が多く、アミメキリンや縞目の細かいグレービーシマウマソマリアダチョウオリックスの大群など、南部では見られない野生動物が観察できる。アフリカゾウの個体数も多い。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone