コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンブール国立保護区(読み)サンブールこくりつほごく

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンブールこくりつほごく【サンブール国立保護区】

ケニアのサンブールにある、エワソ・ンギロ河を挟んで広がる3つの国立保護区。サンブールとバッファロースプリングスは似通った環境・植生で、2つの行政区(郡)に分かれていなければ1つの保護区といえる。東隣のシャバ国立保護区も西端は似ているが、中部から東部は溶岩質に覆われて環境や植生も異なってくる。面積は100km2とそれほど広くないが、動物の種類や数が多く、アミメキリン縞目の細かいグレービーシマウマ、ソマリアダチョウ、オリックスの大群など、南部では見られない野生動物が観察できる。アフリカゾウの個体数も多い。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android