大群(読み)たいぐん

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ぐん【大群】

〘名〙 動物などが集まった大きなむれ。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉五下「沙漠中の食物を以て其大群を養ふに足らざるが故に、飛散して鄰近の邦土を鹵掠するなり」
※風に吹かれて(1967‐68)〈五木寛之〉アカシアの花の下で「旧大陸から半島へ南下した難民の大群は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぐん【大群】

動物などが非常に多く集まってつくる群れ。「バッタの大群

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android