コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンロッケ教会 サンロッケきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンロッケきょうかい【サンロッケ教会】

ポルトガルの首都リスボンの中央部、バイロアルト地区にある教会。もともとは16世紀初めに建てられた黒死病(ペスト)から信者を守ってくれると信じられていた聖クロス(サンロッケ)を祀る礼拝堂だったが、1553年にイエズス会の所有となり、1565~1587年にかけてマニエリスム様式の教会に改築された。その後、18世紀にかけて、マニエリスム、バロック、ロココの各様式の豪華な内装が施された。現在の教会の建物は、1755年のリスボン大地震による倒壊後、再建されたものである。16~18世紀の豪華な内装が残っている。1584年(天正(てんしょう)12)、日本の天正遣欧使節団がリスボンに到着した際に宿舎として提供され、使節団はここに約1ヵ月滞在した。◇現地名は「Igreja Sao Roque」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

サンロッケ教会の関連キーワードサンロケ教会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android