コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーベイヤ Surveyor

翻訳|Surveyor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーベイヤ
Surveyor

月に着陸させ,月面の資料を集めるためにアメリカが開発した無人探査機。アポロ計画で人間が月に着陸する準備として計画された。サーベイヤ1号は 1966年5月,ケープケネディ基地からアトラス=セントール・ロケットで打上げられ,「嵐の大洋」に着陸,1万 1150枚の地形写真を地球に送ってきた。2号は着陸に失敗。 67年4月打上げの3号は「嵐の大洋」に着陸,自動ショベルで月面に穴を掘り,月の地質を調査した。4号は失敗。同年9月打上げの5号は「静かの海」に着陸,α線装置で岩石の化学分析に成功。 11月に「中央の入江」に着陸した6号も化学分析を行い,月面の岩石が地球の玄武岩に似た組成であることを確認した。 68年1月打上げの7号はティコ・クレータに着陸,地質調査などを行なった。サーベイヤ計画は7号をもって終了。なお3号の部品は,アポロ 12号の宇宙飛行士によって地球に持帰られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サーベイヤの関連キーワード日本医療機能評価機構ジェット推進研究所サーベイヤー計画パイオニア計画惑星(天体)病院機能評価アポロ12号レンジャー月(衛星)月探査機宇宙探査あかり軟着陸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android