コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地質調査 ちしつちょうさgeological surveying

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地質調査
ちしつちょうさ
geological surveying

ある地域の地質状況,すなわち地表部を構成する岩石,地層種類,性質,分布状態,生成年代,層序関係,地質構造地史などを知るための調査。普通は地表を踏査し,露頭肉眼によって観察していく狭義地表地質調査をさすが,広義にはボーリングあるいは電磁気,地震,重力などの物理探査地化学探査を用いる調査も含める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちしつ‐ちょうさ〔‐テウサ〕【地質調査】

ある地域の地層の種類・構造・層序関係・分布状態などを調査すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちしつちょうさ【地質調査 geological survey】

地殻を構成している物質を,主として岩石や地層の単位でとらえ,それらの分布状況,相互の関係,変形のようすなどを明らかにするために行う基本的な調査。その結果を地質図としてまとめる作業も含まれる。地殻の構造発達史を明らかにする純学術的な目的や,各種の土木工事の地盤調査,石油その他の有用地下資源の探鉱,開発のための調査などの実践的目的そのほか,地質調査の目的はさまざまである。目的の多様性に応じて,調査の方法と,野外における地表地質調査をはじめとして,物理探査やボーリングなどの特殊な地質調査から,航空機や人工衛星による地質調査や調査船を用いて行う海底地質調査など大がかりなものまで,さまざまである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちしつちょうさ【地質調査】

ある地域の地質の状態を明らかにするために行われる調査。肉眼による地表の観察・各種の計測・ボーリングなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地質調査
ちしつちょうさ

地層や岩体の分布およびそれらの相互関係や地質構造などを知るために行う調査。調査結果は地質図、地質断面図地質柱状図などで示される。普通は、野外で、ハンマーとクリノメーターを用い、岩石の肉眼観察に基づいて行う地表地質調査をさすが、調査目的、対象、手段、精度などにより、いろいろな種類がある。目的には、研究のための調査、資源探査、土木建設のための基礎地盤調査、防災調査、環境アセスメント調査などがある。対象としては、火山調査、段丘調査、海洋地質調査などが例としてあげられる。手段としては、地表地質調査のほかに、ボーリング調査、リモート・センシング、物理探査(地震探査、重力探査、磁力探査、電気探査など)、地球化学探査などがある。最近は、地下レーダーによる調査も行われるようになった。精度により、概査と精査に分けられる。普通、数百分の1以上の大縮尺地形図を基図として行う調査を精査という。[岩松 暉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

地質調査の関連キーワードライマン(Benjamin Smith Lyman)ナウマン(Edmund Naumann)チャールズ・ホイットマン クロスグローブ・カール ギルバートウィリアム・W. ルービアマデウス グレーボージェームズ ギルーリアーチボルド ゲーキブラントンコンパスサーベイヤー計画R. パンペリートゥーンディナ山E. ナウマンB. ライマンゼーダーホルムウォルコット井上 禧之助コルシェルトナトールストギルバート

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地質調査の関連情報