サーマルリサイクル(読み)さーまるりさいくる(英語表記)thermal recycling

知恵蔵の解説

サーマルリサイクル

ごみ焼却炉の熱を利用して発電や温水として活用したり、ボイラーでプラスチックや紙を燃料に使ったりすること。ごみの材質を変えずにリサイクルするマテリアル(材料)リサイクルと比較して使われることが多い。1990年代以降にできた大型の炉の大半は発電設備を備えているが、熱効率は国内平均で10%と火力発電所の40%台に比べて大きく劣る。容器包装リサイクル法では、プラスチック容器包装は、材料リサイクルと、製鉄用の原料や燃料に使うケミカル(化学)リサイクルしか認められていなかったが、2006年の改正でプラスチックの回収量が増えすぎた場合に、緊急避難的にサーマルリサイクルが認められた。環境省は05年5月、廃棄物処理法の基本方針にこれまで埋められていたプラスチックのサーマルリサイクル化を盛り込み、自治体の見直しが進んでいる。

(杉本裕明 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android