コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーマン朝美術 サーマンちょうびじゅつSāmānid art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーマン朝美術
サーマンちょうびじゅつ
Sāmānid art

サーマン朝治下の中央アジア,東部イランのイスラム美術。ブハラサマルカンド,ニシャプールを中心に発展。代表的建築としてブハラのイスマーイール廟があげられる。正方形の建物の四壁にそれぞれアーチをもつゾロアスター教神殿に似た形式をもち,文様積み煉瓦による壁面装飾が施されている。アラビア文字,動物文,小花模様などを描いた彩画陶器が各地で盛んに製作された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android