コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーマン朝美術(読み)サーマンちょうびじゅつ(英語表記)Sāmānid art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーマン朝美術
サーマンちょうびじゅつ
Sāmānid art

サーマン朝治下の中央アジア,東部イランのイスラム美術。ブハラサマルカンド,ニシャプールを中心に発展。代表的建築としてブハラのイスマーイール廟があげられる。正方形の建物の四壁にそれぞれアーチをもつゾロアスター教神殿に似た形式をもち,文様積み煉瓦による壁面装飾が施されている。アラビア文字,動物文,小花模様などを描いた彩画陶器が各地で盛んに製作された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android