コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーマン朝美術 サーマンちょうびじゅつ Sāmānid art

1件 の用語解説(サーマン朝美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーマン朝美術
サーマンちょうびじゅつ
Sāmānid art

サーマン朝治下の中央アジア,東部イランイスラム美術ブハラサマルカンド,ニシャプールを中心に発展。代表的建築としてブハラのイスマーイール廟があげられる。正方形の建物の四壁にそれぞれアーチをもつゾロアスター教神殿に似た形式をもち,文様積み煉瓦による壁面装飾が施されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーマン朝美術の関連キーワードカラハン朝中央アジアサーマーン朝ササン朝ペルシアホラサーンイスマイールサーマーニ廟中央アジアの草原にてサルト人カラテペ(中央アジア)中央アジア大暴動

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone