コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーンキヤ・カーリカー Sāṃkhya-kārikā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーンキヤ・カーリカー
Sāṃkhya-kārikā

インドのサーンキヤ学派の説を伝える最古の文献。2~4世紀頃成立。イーシュバラクリシュナの著。サーンキヤ説はインドの正統六派哲学のなかで起源が最も古いといわれるが,文献としてはパンチャシカの作とされるものが断片で現存するだけで,まとまったものとしてはこの書が最古で,この学派に関する最も権威のある文献。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サーンキヤ・カーリカーの関連キーワードバーチャスパティミシュラガウダパーダ金七十論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android