コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーンキヤ・カーリカー サーンキヤ・カーリカーSāṃkhya-kārikā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーンキヤ・カーリカー
Sāṃkhya-kārikā

インドのサーンキヤ学派の説を伝える最古の文献。2~4世紀頃成立。イーシュバラクリシュナの著。サーンキヤ説はインドの正統六派哲学のなかで起源が最も古いといわれるが,文献としてはパンチャシカの作とされるものが断片で現存するだけで,まとまったものとしてはこの書が最古で,この学派に関する最も権威のある文献。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報