古い(読み)フルイ

デジタル大辞泉「古い」の解説

ふる・い【古い/故い/旧い】

[形][文]ふる・し[ク]
その状態になってから長い年月が経過している。
㋐そうなってから久しい。ずっと以前から現在にまで続いている。「―・い制度」「―・いレコード」「―・くからの顔ぶれ」⇔新しい
㋑昔の出来事である。「―・い話を持ち出す」⇔新しい
時代遅れである。古風である。また、珍しくない。「感覚が―・い」「その手はもう―・い」⇔新しい
食べ物などが、新鮮でない。「―・いりんご」⇔新しい
[派生]ふるさ[名]
[類語](1古めかしい古臭ふるくさかび臭い古びる古ぼける/(2時代遅れ流行遅れ古風こふう昔風むかしふう昔ながら古式旧式陳腐旧弊前近代的旧態依然中古オールドファッション弊害宿弊通弊語弊積弊流弊時代錯誤アナクロアナクロニズム固陋ころう頑愚頑迷気質かたぎ時弊余弊ださい年代物古色古色蒼然蒼然旧態使い古し陳套ちんとう旧套きゅうとうひねひね臭い時代掛かる時代めく昔ながら蒼古年季が入るレトロアウトオブデートオールドタイマー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android