コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザラエノハラタケ(粗豪柄原茸) ザラエノハラタケAgaricus subrutilescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザラエノハラタケ(粗豪柄原茸)
ザラエノハラタケ
Agaricus subrutilescens

担子菌類マツタケ目ハラタケ科。秋に,林地の地面に群生または孤生する。傘は径7~10cm,まれに 20cmに及ぶ。初め半球形,のちに平らに開き中央はやや盛上がる。表面には紫色を帯びた褐色の繊維がおおっているが,のちに裂けて鱗片となるので,その部分は淡紅色を呈する。傘の頂は褐色。ひだは淡紅色のちに濃褐色となる。柄は高さ9~20cm,下に向って太くなる。大型の鍔 (つば) があり,鍔より上は白または淡紅色,鍔より下は綿のような鱗片におおわれている。胞子紋は暗褐色。本州に産し,北アメリカにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone