コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザラエノハラタケ(粗豪柄原茸) ザラエノハラタケAgaricus subrutilescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザラエノハラタケ(粗豪柄原茸)
ザラエノハラタケ
Agaricus subrutilescens

担子菌類マツタケ目ハラタケ科。秋に,林地の地面に群生または孤生する。傘は径7~10cm,まれに 20cmに及ぶ。初め半球形,のちに平らに開き中央はやや盛上がる。表面には紫色を帯びた褐色の繊維がおおっているが,のちに裂けて鱗片となるので,その部分は淡紅色を呈する。傘の頂は褐色。ひだは淡紅色のちに濃褐色となる。柄は高さ9~20cm,下に向って太くなる。大型の (つば) があり,鍔より上は白または淡紅色,鍔より下は綿のような鱗片におおわれている。胞子紋は暗褐色。本州に産し,北アメリカにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android