コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザルカール al‐Zarqāl

世界大百科事典 第2版の解説

ザルカール【al‐Zarqāl】

11世紀のアラビアの天文学者。生没年不詳。本来の名は,おそらくイブン・アッザルカーッラIbn al‐Zarqālla。スペインのトレドで活躍し,後にコルドバに移った。12~13世紀に広く使われた天文表《トレド表》の作成に貢献した。もとは天文器具製作者で,〈サフィーハ〉という特殊なアストロラーブを考案した。また,トレピダティオ説(春分点が前進・後退をする)を論じた。彼の名(ラテン名アルザケルArzachel)は中世ヨーロッパで広く知られ,与えた影響はきわめて大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報