コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザルカール al‐Zarqāl

1件 の用語解説(ザルカールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ザルカール【al‐Zarqāl】

11世紀のアラビア天文学者。生没年不詳。本来の名は,おそらくイブン・アッザルカーッラIbn al‐Zarqālla。スペイントレドで活躍し,後にコルドバに移った。12~13世紀に広く使われた天文表《トレド表》の作成に貢献した。もとは天文器具製作者で,〈サフィーハ〉という特殊なアストロラーブを考案した。また,トレピダティオ説(春分点が前進・後退をする)を論じた。彼の名(ラテン名アルザケルArzachel)は中世ヨーロッパで広く知られ,与えた影響はきわめて大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone