後退(読み)コウタイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐たい【後退】

[名](スル)
後ろへさがること。「車を後退させる」⇔前進
勢いが衰えたり程度が低くなったりすること。「景気が後退する」「病気が後退する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうたい【後退】

( 名 ) スル
後方へしりぞくこと。 ⇔ 前進進出 「学力が-する」
勢いなどが衰えること。 「景気の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐じさり【後退】

〘名〙 (「あとしさり」「あとしざり」とも)
※承応神事能評判(1653)八嶋「あとしざりに退きし間」
※書言字考節用集(1717)九「逡巡 アトシザリ
動物かにむし(擬蠍)」の異名。

あと‐じさ・る【後退】

〘自ラ五(四)〙 (「あとしざる」とも)
滑稽本・七偏人(1864)五「恟(びっくり)しながら後(アト)じさり」
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉三三「恐ろしい砂地である。〈略〉一足毎に後(アト)しざる様で」
※門三味線(1895)〈斎藤緑雨〉五「未(まだ)ほんとに知らねえものと此れには困りて逡巡(アトジサ)るを」

あと‐ずさり【後退】

〘名〙 (「あとすさり」「あとすざり」とも)
① 前を向いたままで後ろにさがること。あとじさり。
※農具便利論(1822)中「此源五兵衛耒耜の用やうは、〈略〉あとすざりに一通りひけば、鍬をもてうち和げたるよりむらなく土も深く和らぎ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「用心しながら退却(アトスザリ)をして」
② 思いきって行動しないで、ぐずぐずすること。ためらって消極的な態度をとること。しりごみ。逡巡(しゅんじゅん)
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「人夫等は応(いらへ)も得せで、互(かたみ)に面(おもて)をあはしつつ、逡巡(アトスサリ)して立もあがらず」
③ 近世の和船が荒天の時、安全を保つためにとる処置。船尾をさきにして船首から風波をうけるようにして流される状態をいう。その際、船首から碇(いかり)をつけた綱を数条「たらし」に引かせ、方向の安定を保つ。逆艫(さかども)
※東航紀聞(1851)「碇二頭を舳の左右へ二房綱にして、跡すさりにし」

あと‐ずさ・る【後退】

〘自ラ五(四)〙 (「あとすさる」「あとすざる」とも)
① 前を向いたままで後ろにさがる。あとじさる。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「人影に気が付いてか、男も女も驚いて、後去(アトスサ)った」
② 思いきって行動しないで、ぐずぐずする。しりごみする。逡巡(しゅんじゅん)する。あとじさる。
③ 物事の程度が後退する。
※頭書大全世界国尽(1869)〈福沢諭吉〉一「仁義五常を重じて、人情厚き風なりとその名も高かく聞えしが文明開化後過去(アトスサリ)風俗次第に衰て」

こう‐たい【後退】

〘名〙
① 後方へ退くこと。後ろへ下がること。あとずさり。⇔前進
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二五「全速後退を命令して」 〔宋史‐律歴志三・応天乾元儀天暦〕
② 力や勢いが次第に衰えること。物事が好ましくない事態に向かって進むこと。
※縮図(1941)〈徳田秋声〉裏木戸「銀子の病気もそれから又少し後退した」

しり‐しさり【後退】

〘名〙 (「しりじさり」とも) 前を向いたまま後ろへそろそろと退くこと。しりすさり。あとじさり。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「逡━は、しりしさりに退くぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後退の関連情報