コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーグロス[山脈] ザーグロス

百科事典マイペディアの解説

ザーグロス[山脈]【ザーグロス】

イラン高原の西部から南部を走る褶曲(しゅうきょく)山脈。全長約2000km,幅200〜300kmで,標高3000mに近い山脈が並走,自然の障壁を形成する。最高峰はザルデ山(4548m)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザーグロス[山脈]【Zāglos】

イラン北西部アゼルバイジャンから南東部に走る褶曲山脈。延長約2000km,幅165~320km,3000m級の山が多い。最高峰は4547mのザルデZarde山。カールーン川とザーヤンデルード川の二大河川はこの山に源を発する。この山岳地域の人口は約500万と推定され,その大部分はクルドロル族バフティヤーリー族などの部族民で,彼らは夏の放牧地から冬の放牧地へと長い距離を毎年定期的に移動する。シーラーズケルマーンシャーは盆地にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ザーグロス[山脈]の関連キーワードイラン高原

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android