コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーンスタット Zaanstad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザーンスタット
Zaanstad

旧称ザーンダム Zaandam。オランダ西部,ノールトホラント州の都市。アムステルダム北西約 10km,ザーン川と北海運河合流点に位置する。 17世紀には造船業で栄え,1697年にはロシアのピョートル大帝 (1672~1725) が造船技術を学ぶために滞在。彼の住んだ小屋が現存する。 17世紀の風車製粉場もいくつか残り,付近には風車博物館もある。ザーン川に沿う工業地帯の中核をなし,製材業が多く,木材取引の中心地。食品工業,塗料工業も立地。人口 13万 1273 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のザーンスタットの言及

【ザーンダム】より

…オランダ,北ホラント州の昔の工業地帯。現在はザーンスタットZaanstad市の一部をなす。17世紀には数百基の風車がたち並び,これを動力源にして造船,製材,製紙,搾油などの諸工業が大いに栄えた。…

※「ザーンスタット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ザーンスタットの関連キーワードアムステルダム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android