コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーアバルト Paul Scheerbart

世界大百科事典 第2版の解説

シェーアバルト【Paul Scheerbart】

1863‐1915
ドイツの作家。ダンチヒ(現,ポーランドグダンスク)に生まれ,ベルリンに没。音声詩,宇宙小説,未来小説などを書き,ありきたりの現実の崩壊の後に起こる超世界的な〈世界霊〉の遍満するもう一つの現実を追求して,ダダやシュルレアリスムに先駆した。晩年は透明性開放性からなるガラス建築の研究に没頭,《ガラス建築》(1914)を著し,B.タウトなどに影響を与えた。生涯を通じて唯物主義,軍国主義人種差別と闘った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シェーアバルトの関連キーワードコンクリート・ポエトリー種村季弘

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android