シェークスピアの生家(読み)シェークスピアのせいか

世界の観光地名がわかる事典の解説

シェークスピアのせいか【シェークスピアの生家】

イギリスのイングランド中部、ストラトフォードアポンエイヴォン(Stratford-upon-Avon)のヘンリーストリートにある、同国を代表する劇作家・詩人のウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare、1564~1616年)の生家。シェークスピアは1564年、皮手袋商人の子としてこの町で誕生した。当時の居間や寝室、台所や家具、毛織のカーテン、ベッドなどが忠実に再現されている。シェークスピアが誕生したとされている部屋もある。なお、ストラトフォードアポンエイヴォンから約2km離れたショッテリー村に、彼の妻アン・ハサウェイの生家も残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェークスピアの生家の関連情報