コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェークスピアの生家 シェークスピアのせいか

1件 の用語解説(シェークスピアの生家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シェークスピアのせいか【シェークスピアの生家】

イギリスのイングランド中部、ストラトフォードアポンエイヴォン(Stratford-upon-Avon)のヘンリーストリートにある、同国を代表する劇作家・詩人のウィリアムシェークスピア(William Shakespeare、1564~1616年)の生家。シェークスピアは1564年、皮手袋商人の子としてこの町で誕生した。当時の居間や寝室、台所や家具、毛織のカーテンベッドなどが忠実に再現されている。シェークスピアが誕生したとされている部屋もある。なお、ストラトフォードアポンエイヴォンから約2km離れたショッテリー村に、彼の妻アン・ハサウェイの生家も残っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェークスピアの生家の関連キーワードイギリス東インド会社ストラトフォードオンエーボンイギリス国教会ストラトフォードアポンエーボンイギリスオランダ戦争チェビオットBBCコンサート・オーケストラシェークスピア生誕祭Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone