コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェール川 シェールがわCher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェール川
シェールがわ
Cher

フランス中部,マシフサントラル (中央山地) 北部に源を発し,ほぼ北西流するロアール川の支流。全長約 350km。上流では山地を深く刻むが,モンリュソン付近から谷は広がりはじめ,ベリー台地では谷底に豊かな牧草地を形成。イエーブル川を合流するビエルゾン付近では穀物も栽培される。ソードル川を合流する付近からの下流一帯は牧草,ブドウが栽培され,ワインの産地。また,河岸段丘に多数の洞穴住居跡がある。アンボアーズの南東には有名なシュノンソーの城がシェール川をまたいで建てられている。ツールの下流でロアール川に合流する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報