シガレットペーパー

世界大百科事典 第2版「シガレットペーパー」の解説

シガレットペーパー【cigarette paper】

紙巻きタバコ用の薄葉紙。一般にライスペーパーという。日本では一部の製品を除き原料には亜麻パルプを用いる。燃焼速度をタバコの燃焼速度と等しくしたり,を固まりやすくするために,紙中に炭酸カルシウムを約30%含有させているが,喫煙時の味および健康上の問題から,他には酸化チタン以外の添加物はほとんど含まない。通気性をますためにコロナ放電によりごく微小なをあけた紙もある。非常に薄く,坪量は21g/m2である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android