燃焼速度(読み)ねんしょうそくど

  • burning rate, burning velocity

化学辞典 第2版の解説

火炎の伝搬に当たり,未燃ガスが火炎面に直角に入る速度は燃焼速度といわれ,火炎中の化学反応の速さを示す重要な燃焼特性の一つである.火炎が層流炎であるか,乱流炎であるかによって層流燃焼速度と乱流燃焼速度とに分かれるが,前者の値は1 atm,常温の普通の炭化水素-空気混合気では,ほぼ40~50 cm s-1 程度の値をとる.一方,後者の値はこれより大きく,乱れが強くなるほど増加する.燃焼速度を求めるには,定常火炎(バーナー火炎)が燃焼速度と混合気の流速の釣り合いのうえに形成されていることを用い,火炎の半項角や火炎面積の測定をもとに計算することが多い.なお,固定した座標系からながめたときの火炎の移動速度は,火炎速度(flame speed)とよび,燃焼速度と区別するが,このような2種類の速度が存在する理由は,火炎前方の未燃ガスが静止していない点にある.燃焼速度という用語は,液体や固体の燃焼を含めてかなり便宜的に使われているが,厳密には上記の定義に合うもののみが正しく,ほかは別の名称でよばれるべきものである.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の燃焼速度の言及

【燃焼】より

…伝播の主体となる予混炎は常温常圧の条件のもとで10-2cmくらいの厚さをもつ。その移動速度は未燃混合気が火炎に直角に入り込む速度として定義され,燃焼速度と呼ばれる。可燃性ガスの種類,濃度,また温度,圧力等の条件で変わるが,表に示したように普通の炭化水素では40cm/s程度である。…

※「燃焼速度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android