薄葉紙(読み)うすようし

日本大百科全書(ニッポニカ)「薄葉紙」の解説

薄葉紙
うすようし

工業では次の2種がある。

(1)薄紙 インディアペーパーシガレットペーパーおよび謄写版原紙など薄い紙の総称。用途によって種類は多い。洋紙では木材化学パルプを主原料とするが、とくに薄くてじょうぶな紙を必要とする場合には、マニラ、亜麻(あま)または綿から得られた化学パルプを単独で用いたり、配合する例が多い。

(2)トイレットペーパー 衛生紙、顔ふき紙などの使い捨て紙の総称。故紙(古紙)(こし)の再生パルプを主原料とし、サイズ(平滑化のための填料(てんりょう))は施さず、通常、クレープ(縮み)がつけられるような装置をもつヤンキーマシンを用いて抄造する。

[御田昭雄 2016年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「薄葉紙」の解説

薄葉紙
うすようし

厚さの非常に薄い紙。和紙,洋紙の薄葉紙がある。用途は包装用紙印刷用紙が中心。洋紙の薄葉紙は巻たばこに用いるライス・ペーパー辞書などに用いるインディアペーパーコンデンサに用いるコンデンサ薄紙,電気絶縁の目的で電線被覆などに用いる絶縁薄紙,タイプ印書に用いるタイプ用紙,カーボン原紙などがある。和紙の薄葉紙は日本工業規格 JISでは坪量 20g/m2以下でコピー紙,帽体紙布,絶縁用紙,ナプキン原紙など。和紙の薄葉紙はミツマタマニラアサなどを原料として,多少木材パルプを加えてつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「薄葉紙」の解説

薄葉紙【うすようし】

地合いのよい薄い紙の総称。20〜30g/m2以下のものをいう。インディアペーパー,シガレットペーパー,グラシン紙複写紙,電気絶縁薄紙,航空便用紙,化粧紙(高級ちり紙いわゆるティッシュペーパー)など,多くの種類がある。
→関連項目京花紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「薄葉紙」の解説

うすよう‐し うすエフ‥【薄葉紙】

〘名〙
※新聞雑誌‐二三号・明治四年(1871)一二月「公書家書とも薄葉(ウスヤウ)紙に細書し」
② 薄くすいた紙。洋紙の一つ。厚さ(斤量)四〇グラム以下のもの。コピー用紙、タバコ巻紙、辞典用紙などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「薄葉紙」の解説

うすようし【薄葉紙】

坪量(単位面積当りの重量)の少ない薄い紙の総称。ティッシュペーパーtissue paperともいう。20~30g/m2のものが多く,化学パルプを原料とするが,インディアペーパー,シガレットペーパーでは麻や綿も使用される。薄葉紙に属する紙には,グラシン紙(化学パルプを高度に叩解こうかい)した半透明の包装紙),シガレットペーパーインディアペーパー,カーボン原紙,タイプ・コピー紙,コンデンサー用紙,複写原紙,航空便用紙,空気除塵用ろ紙などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の薄葉紙の言及

【紙】より

…茶封筒や片面だけつやを出したハトロン紙などもクラフト紙である。
[薄葉(うすよう)紙]
 薄葉紙は,坪量が40g/m2以下,和紙では20g/m2以下の薄い紙をいう。グラシン紙は,化学パルプを長時間叩解後カレンダーがけし,圧縮して作った紙で,通気性が低い半透明の性質をもっている。…

※「薄葉紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android