コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼田 うすだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼田
うすだ

長野県東部,佐久市南部の旧町域。佐久盆地の南部にある。 1893年町制。 1955年切原村,1957年田口青沼村と合体。 2005年佐久市,浅科村,望月町と合体して佐久市となった。中心集落の臼田は佐久甲州街道に沿って発達し,佐久盆地南部の行政の中心。農村部では米のほか花卉・果樹が栽培される。佐久鯉は特産。江戸時代末に築かれた星形の竜岡城跡 (国指定史跡) ,新海三社神社の三重塔や六地蔵幢 (ともに国指定重要文化財) がある。一部が妙義荒船佐久高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うすだ【臼田】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼田
うすだ

長野県中東部、南佐久(みなみさく)郡にあった旧町名(臼田町(まち))。現在は佐久市の南東部を占める。旧臼田町は佐久盆地南部に位置し、1893年(明治26)町制施行。1955年(昭和30)切原(きりはら)村、1957年田口青沼(たぐちあおぬま)村と合併。2005年(平成17)佐久市に合併。旧町域は千曲(ちくま)川の両岸に広く広がり、中心街は左岸にある。JR小海(こうみ)線が中央を南北に通過し、商店街は国道141号に沿っている。明治以後は南佐久郡の行政、教育の中心にもなっている。長野県厚生農業協同組合連合会の佐久総合病院があり、農村医学のメッカといわれ、7階建ての偉容を誇り、全県下より患者が集まる。また田口には、函館五稜郭(はこだてごりょうかく)とともに全国で二つしかない星型の城郭龍岡(たつおか)城跡(国指定史跡)がある。1863年(文久3)田野口藩主大給(おぎゅう)松平乗謨(のりかた)がフランスの築城法を取り入れて建てた(完成は1867年)もので、城跡は小学校になっているが、星型の堀は現存している。これより東1キロメートルの山麓(さんろく)には、室町末期建立の国指定重要文化財の三重塔をもつ新海三社(しんがいさんしゃ)神社がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

臼田の関連情報