コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクロパラフィン cycloparaffin

百科事典マイペディアの解説

シクロパラフィン

ミクロアルカンとも。一般式C(/n)H2(/n)で表される環式の飽和炭化水素の総称。環状構造のパラフィン(アルカン)という意味。石油工業ではナフテンと呼ばれる。
→関連項目原油工業用セッケン(石鹸)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクロパラフィン

ナフテン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シクロパラフィン
しくろぱらふぃん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシクロパラフィンの言及

【脂環式化合物】より

…多重結合を含まない飽和のものも,また多重結合を含む不飽和のものもあるが,どちらもその反応性が芳香族化合物とは著しく異なるので,これと区別される。飽和の単環式のものは,シクロアルカンcycloalkaneあるいはシクロパラフィンcycloparaffin(e),シクロパラフィン系炭化水素といい,石油の分留によって得られる。最も簡単なものは3員環のシクロプロパンC3H6であり,以下シクロブタンC4H8,シクロペンタンC5H10,シクロヘキサンC6H12,……と続く。…

※「シクロパラフィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シクロパラフィンの関連キーワードクラッキング(石油化学工業)工業用セッケン(石鹸)工業用セッケンシクロペンタンミクロワックス脂環式化合物飽和炭化水素接触改質法脱水素反応接触改質石油

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android